防水工事と外壁塗装を同時に行うメリット

query_builder 2022/02/28
ブログ
豪徳寺現調 012



お住まいのメンテナンスというと外壁塗装が頭に浮かびますが、防水工事も忘れてはいけない大事なメンテナンス。

 

しかし、「防水工事」は意外と忘れられがちな工事かもしれません。そもそも「我が家はやった方がいいの?」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

 

一般的に、防水工事は外壁塗装と同時に行うといいと言われています。

 

今回は防水工事の内容や必要性、外壁塗装と同時に行うメリットを詳しくご紹介していきます。

 

防水工事とは?我が家には必要?

まずは、防水工事がどんなものか、詳しく見ていきましょう。

 

住まいの平坦な部分に必要な工事

戸建住宅で防水工事が必要なのは、陸屋根やベランダ、バルコニーなど傾斜がついていない、屋外にある平坦な場所です。

 

勾配がついている一般的な屋根は、雨水が溜まることなく流れ落ちていきます。それに対し、わずかな勾配しかつけられていない陸屋根やベランダ、バルコニーは、水が溜まるリスクが高まります。そこで、建物に水が浸入しないように防水層を形成するのが防水工事です。

 

防水工事というと陸屋根をイメージする人もいるかもしれませんが、ベランダやバルコニーにも必要な工事なのです。

 

防水層の劣化は“雨漏り”のリスクにつながる

雨漏りは、屋根や外壁だけでなく、ベランダやバルコニーも原因になります。

 

防水層は、年月が経つとと必ず劣化していきます。しかも、防水工事が施されているベランダやバルコニーは人が歩くことを想定されているため、上から力が加わることでどうしても劣化とは切り離せない部分と言えるでしょう。

 

防水層の劣化症状としては、

・排水溝にゴミが溜まり正しく排水できずに防水層に水が溜まる

・日当たりが悪い部分にカビ・苔が生える

・防水層が膨れる、剥がれる

などです。

 

すでに、膨れや亀裂がある場合、内部への浸水を許している状態です。雨漏りしないうちに、防水工事を行わなければなりません。

 

また、劣化の症状は、築年数に比例するわけではありません。

 

たとえば、屋根があるベランダの場合、雨風が直接的に入りづらく、紫外線の影響もあまり受けないことから、それほど極端なダメージが見られないこともあります。

 

しかし、陸屋根やバルコニーのように屋根がなく、雨風・紫外線の影響が大きい環境だと、築年数の割に傷みが激しいこともあるでしょう。

 

日常的に目視でチェックすることはもちろん、気になる点があったら専門業者に点検してもらうことが大事です。

 

 

防水工事の種類とは?

防水工事にはいくつかの種類があります。

 

FRP防水

ベランダやバルコニーでよく採用される防水工事です。ガラス繊維を混ぜて強度を高くした「FRP」という素材で施されます。FRPマットを敷いた後に、防水塗料を塗って防水層を形成する“塗膜防水”です。

 

軽量のため、建物への負担が少なく、それでいて耐久性も高いのがメリットです。

 

ウレタン防水

価格的にリーズナブルなことから、戸建住宅でよく採用されます。塗料で防水層を形成する方法で、凸凹面があっても施工可能です。

 

シート防水

樹脂素材やゴム素材のシートを張って防水層に仕上げる工法です。凸凹面があると施工がしにくく、主に平面でシンプルな場所に採用されています。

 

アスファルト防水

高温窯でアスファルトを溶かし防水シートを形成する「熱工法」、特殊な器具でアスファルトをあぶって溶接する「トーチ工法」、火を使用せず粘着剤だけでゴムシートを張る「常温工法」など、工法によって作業の特徴が変わります。

 

昔からある工法ですが、重量が重いため戸建て住宅ではほとんど用いられていません。主に、ビルやマンションなど木造以外の建物の屋上で見かける防水工事です。

 

 

防水工事が外壁塗装と“同時”がおすすめの理由とは?

 

防水工事は、外壁塗装のときに同時に行うことがおすすめです。その理由についてご紹介していきます。

 

理由1:足場設置の費用をおさえられる

勾配のない陸屋根やベランダなどについては「足場がなくても大丈夫そう」と感じるかもしれません。

 

確かに、ベランダは足場がなくても工事は可能ですが、陸屋根の場合、「外階段がない」など周囲の状況によって安全で的確な工事のために足場設置が必要なことも多いです。外壁塗装と同時に行うことで、足場設置の費用を浮かすことができます。何よりも、足場があることで資材も運びやすくなり、施工がスムーズとなるメリットもあります。足場の設置は「資材を運ぶ」「組み立てる」などの手間も1度だけとなり負担の軽減となります。

 

また、足場費用はもちろん、現場までの交通費や諸経費なども1回分で済むため、長い目で見た総費用で考えると割安となるでしょう。

 

理由2:次回のメンテナンスもタイミングが合わせられる

外壁塗装と防水工事を一緒にやれば、次回のメンテナンス時期を合わせることができます。

 

「今回は外壁塗装だけ、数年後に防水工事」にした場合、それぞれの寿命もばらばらとなり、工事の計画を立てづらくなるでしょう。どちらかをうっかり忘れ、工事のタイミングを逃がしてしまうケースも考えられます。

 

「外壁塗装と防水工事をセットでメンテナンス」と決めることで、予算やスケジュールを計画しやすくなります。

 

理由3:業者探しをその都度やらなくてもいい

外壁塗装と防水工事を分けて考えると、その都度、「業者探し・見積もり依頼・見積もり比較・業者選定」をしなければなりません。電話連絡や、見積もりに来てもらう日程調整など、その都度手間がかかるのも大変ですよね。

 

外壁塗装も防水工事を一緒に行ってくれる業者を見つけることで、手間とストレスをまとめることができます。

 

また、アフターフォロー面でも安心です。施工後にトラブルがあったとき、「外壁から?ベランダから?」と分かりにくいケースでも、同じ業者が施工したのであればアフターフォローとして対応がしてもらえます。

 

 

まとめ

同じ時期に工事をすることでメリットがある「防水工事」と「外壁塗装」。

 

外壁塗装も防水工事も丁寧で的確な技術が求められる工事です。住まいの寿命を守るために重要な工事ですから、しっかりとした業者選びをしましょう。

 

安さを重視して経験の浅い会社に依頼すると、すぐに不具合が起こったり、アフターフォローが悪かったりなどの問題も起こり得ます。それに、“塗装”と“防水”はそもそも専門性が異なるため、塗装業者に防水工事を相談しても対応ができないケースも多いです。

 

弊社であれば塗装工事、防水工事ともに施工可能です。

 

「外壁塗装のときに防水工事をしてほしい」「防水層が劣化しているか点検してもらいたい」など、外壁塗装から防水工事まで幅広い疑問やお悩みもぜひお任せください。


記事検索

NEW

  • コンサート🎼

    query_builder 2022/04/18
  • 新年度スタート

    query_builder 2022/04/07
  • 春の訪れ

    query_builder 2022/03/03
  • 防水工事と外壁塗装を同時に行うメリット

    query_builder 2022/02/28
  • 塗装会社に直接依頼するメリット

    query_builder 2022/02/19

CATEGORY

ARCHIVE