Flow

拠点の足立区より外壁塗装や防水工事のため駆け付ける

外壁塗装
外壁塗装
①水洗いをし汚れを落とします。
②サイディング・古いねじ・コーキングを撤去します。
③微弾性フィラーを塗ります(下塗り)
④ウレタン・シリコン(水性系)塗料で上塗りをします(2回)
  • 水洗い

    水洗い

    まずは汚れを落とします。
  • アレスホールド工法

    アレスホールド工法

    微弾性フィラー下塗りの後上塗り
  • アレスホールド工法

    アレスホールド工法

    アレスアクアシリコン ACⅡを2回塗り
屋根塗装
屋根塗装
①水洗いをし汚れを落とします。
②エポキシプライマーを使用し、下塗りをします。
③フッ素樹脂系塗料またはシリコン系塗料を使用し、上塗りします(2回)
  • 水洗いをし、浮き出ている古い釘を新しい釘に打ち直します

    水洗いをし、浮き出ている古い釘を新しい釘に打ち直します
  • エポキシ樹脂系のサビ止めを塗装します

    エポキシ樹脂系のサビ止めを塗装します
  • シリコン樹脂系塗料を2回塗ります

    シリコン樹脂系塗料を2回塗ります
  • 折板屋根の場合一番サビやすいボルト部分にキャップを取り付け保護します。

    折板屋根の場合一番サビやすいボルト部分にキャップを取り付け保護します。
ウレタン塗膜防水工事とは
ウレタン塗膜防水工事は、ベランダや屋上等での使用に適しています。
ウレタン特有の伸びと強さで、下地形状が複雑でも継ぎ目のない均一な防水層を形成するのが特徴です。
補修も容易です。
ウレタン塗膜防水材、プライマー、補強クロス、絶縁マット等の材料を使い、
密着工法、脱気工法、絶縁工法などで施工します。

ウレタン塗膜防水工事 絶縁脱気工法とは

ウレタン塗膜防水工事 絶縁脱気工法とは

従来の防水工事でよくある、「割れ」や「剥がれ」は図のような仕組みで起こります。
下地のひび割れ

下地のひび割れなどの挙動が防水層に伝わらないようになり、防水層にひび割れができるのを防ぐことができます。 下地の湿気や熱で膨張した空気を排出するので、防水層の膨れを防ぐことができます。
ルミステージとは

ルミステージとは

ルミステージは、原料にAGC旭硝子が開発したフッ素樹脂ルミフロンを使用し、AGCコーテックが塗料化した、高性能なフッ素樹脂塗料です。 原料メーカーのAGC旭硝子から、塗料メーカーのAGCコーテック、そして施工店のメイクupショップまで、一貫したルミフロンサポートシステムで、ルミステージのプレミアム・クォリティーをお届けしています。
直射日光や風雨にさらされ続けても塗装の美しさを保ちます

直射日光や風雨にさらされ続けても塗装の美しさを保ちます

自動車のボンネットを「ルミステージ」と一般的な塗料の「アクリルウレタン塗料」で塗り分け、5年間屋外にさらした結果が右の写真です。 「アクリルウレタン塗料」は退色してツヤもなくなってしまいましたが、「ルミステージ」は塗り立ての色ツヤを保っています。直射日光や風雨にさらされ続けても塗装の美しさを保ちます
低汚染タイプ

汚れが雨で洗い流されるので、キレイが長持ち。【低汚染タイプ】

「ルミステージ」の塗膜は水になじみやすい性質(親水性)を持たせているので、雨が降ると水膜が汚れの下に潜り込んで汚れを洗い流してくれます。このセルフクリーニング機能によって、すじ状に黒ずむ「雨すじ汚れ」も防ぐので、住まいの外観をキレイなまま保てます。
カビ・藻のいやな汚れも防ぎます。【低汚染タイプ】

カビ・藻のいやな汚れも防ぎます。【低汚染タイプ】

セルフクリーニング機能によって、カビや藻が付着しにくくなっているうえに、防カビ・防藻剤を添加しているので、長期間にわたって住まいの外観を美しく守ります。

目の前のお客様にとって最適なオーダーメイドの施工プランを構築

お客様本位主義を理念に掲げ、常に目の前のお客様にとってどのような施工プランがベストかを足立区で追求し続けてまいりました。外壁塗装・屋根塗装・防水工事を請け負う中、お客様のご要望を丁寧にヒアリングしていき、それに応じて予算・使用する塗料・工期・日程調整などを行い、お客様一人ひとりにとって最適なオーダーメイドの施工プランをプロフェッショナルが構築してまいります。塗装が完了した大切なマイホームを見てお客様が笑顔になってくださる瞬間が、何よりの喜びでありこの仕事に充実を感じる瞬間でもあります。

住宅の外観美と耐久性強化に向け足立区で外壁塗装を請け負います

住宅の外壁は次第に雨垂れで黒ずんでいき、色褪せていき、時にひび割れや苔まで発生することもあります。これらから守る役割も外壁の塗膜は担っており、外観美の刷新と耐久性の強化を外壁部分の塗装を通して進めてまいります。仮に外壁が剥き出しの状態のままでは劣化の進行は著しく、比較的早期の段階で雨漏りや耐震性の低下が発生してしまうでしょう。

そうならないよう、お客様のご要望をお伺いした上で最適な性能を持つ塗料を選定し、外観の色彩等といったデザイン面も決定していきます。塗料によって塗膜の対候年数も性能も千差万別であり、その中から目の前のお客様にとって最適なものをいくつかプロが選び抜いて、施工プランをご提案いたします。そしてお客様の大切な住宅がいつまでも綺麗な外観で長持ちしていくよう、力を尽くしてまいります。

屋根への塗装・防水工事を外壁塗装と並行して足立区で請け負う

屋根部分の塗料にも防水性能や対候年数性能が加味されており、比較的住宅の側面よりも雨・風・紫外線にダイレクトにさらされやすい傾向があることから、相応に耐久性能の高い塗料を選んで屋根に塗装していく必要性がございます。その際、屋根の外観を綺麗にしていくことに加えて、ウレタン塗膜防水工事も施してまいります。

ウレタン塗膜防水工事は防水シートとはまた別の防水工事であり、その名の通り防水性能に特化した塗装を行っていくものです。塗膜を塗っていくため継ぎ目が発生することなく、満遍なく屋根全体に高い防水性能を負荷でき、もちろん紫外線からの脅威も守るためひび割れの発生予防にも繋がってまいります。このような屋根塗装・防水工事を全て自社で行うことで、外注費用も発生することなく適正価格で提供いたします。

拠点の足立区で屋根・外壁塗装を請け負う際ドローンの調査を導入

屋根は側面の外壁と異なって、容易には目視で検査できない部分です。一般的には梯子等で職人が屋根の上に登って、お客様にも状況をご理解いただけるよう写真を撮影しながら屋根の劣化具合を確認してまいります。その診断結果に応じて、お客様にとって最適な屋根塗装や防水工事のプランをご提案いたします。

しかしながら、その都度屋根に登るのは手間であり、相応に危険が伴うことであることも事実です。そこで最新鋭のドローンを活用した屋根調査を、無料見積もり時に実施してまいりました。事前に調査前に役所に申請を行い許可を得る必要がある等の手間はかかるものの、毎回屋根に登らず短時間で高解像度の映像と写真から屋根の状態を診断できるため、今後ともドローンを積極的に活用し、お客様もご納得の上での高品質な塗装を実施いたします。