足立区の外壁塗装・野口塗装工業株式会社

の評判

メンテナンスに外壁塗装と同時に防水工事も足立区で受注

住宅の定期メンテナンスにおいて、外壁塗装を行うことも大切ながら、忘れてはならないのが屋根部分の塗装です。外壁以上に屋根は雨・風・紫外線に直接的にさらされ続けてしまうことから、その劣化具合も外壁以上に素早く進行していくでしょう。そのため、より耐久性を高めていく必要があり、そのために屋根塗装や防水工事がうってつけなのです。ひび割れが発生して内部の防水シートを貫通して雨漏りが発生してしまう前に、屋根の無料点検のご相談を足立区の事務所で受け付けております。

屋根の劣化を防ぐ防水工事を外壁塗装と一緒に足立区で受注

屋根は24時間365日の間、最も激しく雨・風・紫外線にさらされ続けるパーツであり、その劣化の進行スピードも速いことから高機能な対候性・防水性を付与していく必要がございます。その際に屋根塗装と同時にウレタン塗膜防水工事まで実施してまいりました。ウレタン塗膜防水工事は塗料を塗り重ねることによって防水性を強化するタイプの工事です。塗料を塗り重ねることから、その仕上がり具合は職人一人ひとりの技術力に左右されてしまうものの、優秀な職人が在籍しているためどうかご安心ください。

塗り重ねる防水工事であることから、継ぎ目が存在せず、満遍なく防水塗装が完了できる点が魅力の一つです。防水加工の継ぎ目から雨水が侵入してしまう恐れがないためです。そこで、ウレタン塗膜特有の伸びと強さで、下地の形状が複雑でも問題なく継ぎ目のない防水層が完成します。密着工法・脱気工法・絶縁工法など、ウレタン独特の施工法で対応します。

ドローンによる屋根・外壁塗装の調査に足立区から伺います

屋根の上にまでわざわざ登って、目視で屋根の状態を確認するのが従来の屋根検査のやり方だったもの、屋根の上に登る行為は危険が伴う上に手間もかかってしまうことから、あまり好ましいものではないかもしれません。もし、屋根の劣化具合が気になってしまい、一度ご自身で屋根の上に登って確認しようと考える方は、お控えください。このような危険な検査だからこそ、そのときのためのプロフェッショナルへ依頼することが大切です。

そして屋根検査においては、最新鋭のドローンを活用した検査を行うこともございます。ドローンを市街地で飛ばすには様々な規制があり、事前の申請が必要になるものの、その手間を考慮してもドローンを活用して空からラジコン感覚で屋根の状態を高解像度のカメラで撮影していくのは楽しくもあり、安全で迅速に調査が完了します。お客様も高解像度のお写真で屋根の状態を客観的に把握していただけます。

ごまかしのない本物の外壁塗装・屋根工事を足立区で請け負う

大変残念なことに、外壁塗装を請け負う施工会社様の中には手抜き工事を日常的に行うところもございます。塗装工事には基本的に下塗り・中塗り・上塗りの三工程を行うことで、しっかり塗膜が定着し剥離を起こさない強固な塗膜が出来上がります。そこでこの塗り重ねる工程を少なくしてしまうところも、中にはいらっしゃるのです。本来であれば塗膜が軟弱で剥がれやすく、対候性・防水性が発揮し切れないものの、何回塗ったかは見た目では判断が付かないのと、場合によっては少ない塗り重ねでも本来の対候年数まで持ってしまうこともあります。

しかしながら、だからといってお客様に背いてまでこのようなことは行うべきではございません。このようなごまかしを嫌う創業者の理念を社員全員で受け継ぎ、お客様が本当に笑顔になれるような高品質な塗装を提供しに、足立区よりお伺いいたします。そして最高品質の塗装工事で、お客様の大切な住宅をお守りします。